主な活動

日米共同訓練参加に伴うMV22オスプレイの横田基地飛来についての申し入れ

東京都知事 小池百合子殿

日米共同訓練参加に伴うMV22オスプレイの横田基地飛来についての申し入れ

2017年3月3日
日本共産党東京都議会議員団

 防衛省は、3月6日から17日までのあいだ、相馬原演習場(群馬県)及び関山演習場(新潟県)で行われる日米共同訓練に参加するため、米海兵隊の輸送機MV22オスプレイ6機が5日、東京の横田基地に飛来することを関係自治体等に明らかにしました。
 昨年12月の沖縄での墜落事故以降、MV22が日本国内の共同訓練に参加するのは初めてであり、過去最多の機数となります。沖縄墜落事故については稲田朋美防衛大臣が「原因を完全に特定するにいたっていない」と述べているように、沖縄墜落事故の事故調査報告書すらまとまっていません。こうしたなかでのオスプレイ飛来は言語道断です。しかも、MV22は、期間中、横田基地を拠点に、新潟県、群馬県、さらには山梨県の東富士演習場とのあいだを往復するとされています。住宅や学校、病院などが密集する首都東京にくわえ、関東・甲信越にわたる広範な地域の安全をおびやかすことになり、断じて許されません。
 よって、日本共産党東京都議会議員団は、以下のことを東京都に強く要望するものです。

一、国および米軍に対し、MV22オスプレイが横田基地に飛来すること、及び、横田を拠点に広範な地域で訓練を行うことを、中止するよう強く求めること。

以上


インデックスへ戻る

都政に関するご意見・ご要望をお寄せください

▲ページTOPへ戻る▲