主な活動

豊洲新市場地下水モニタリングの再調査結果について

豊洲新市場地下水モニタリングの再調査結果について

 2017年3月19日
日本共産党東京都議会議員団
幹事長 大山とも子

1.本日、豊洲新市場予定地の地下水モニタリングの再調査結果が公表されました。29地点で再調査を行った結果、ベンゼンが最大で環境基準の100倍、ヒ素が同3.6倍、検出されないことが環境基準であるシアンが18地点で検出されました。

 9回目の地下水モニタリング調査に続く今回の再調査結果は、豊洲新市場予定地に高濃度の土壌汚染が残されている実態を示しており、有害物質の除去は困難であることを示すものです。何よりも安全・安心を確保すべき市場を深刻な土壌汚染地に移転する計画の破たんは明白です。

 東京ガス豊洲工場跡地への移転を強引に進めてきた石原慎太郎元知事らはもとより、一緒に推進してきた自民党、公明党などの責任も厳しく問われます。

2.わが党は小池知事が築地市場の豊洲移転の中止を決断するとともに、この間長く放置されてきた築地市場の老朽化対策などに緊急に取り組むことを強く望むものです。

 同時に日本共産党都議団は、東京ガス豊洲工場跡地への移転に一貫して反対してきた党として豊洲移転をめぐる闇をただすためひきつづき全力をつくす決意です。

以上


インデックスへ戻る

都政に関するご意見・ご要望をお寄せください

▲ページTOPへ戻る▲