主な活動

百条委員会での証人尋問継続に関する申し入れ

東京都議会各会派幹事長殿

 百条委員会での証人尋問継続に関する申し入れ

 2017年4月20日
日本共産党東京都議会議員団
幹事長 大山とも子

  豊洲市場移転問題に関する調査特別委員会(以下百条委員会)は、石原元知事の尋問時間がわずか1時間などの制約がありましたが、百箱をこえる記録の提出と、5日間24人の証人尋問を行い、築地市場の豊洲移転の経過について真相解明の一歩を踏み出すことができたと確信するものです。
 とりわけ、石原元知事は記憶にないとの証言を繰り返しましたが、元市場長の尋問や記録によって、東京ガスの汚染処理費負担がわずか78億円だったこことや、瑕疵担保責任の免責を、事前に説明を受けていたことが明らかになりました。また、隠しつづけてきた都と東京ガスとの「確認書」の存在を明らかにするとともに、濱渦元副知事がくりかえした「確認書」は知らず、「基本合意」以降は一切相談をうけず、報告もなかったという証言は偽証の可能性が濃いことも明らかにしました。こうした経過は、百条委員会としての権限を行使し、記録の提出と関係者の証人尋問が真相解明にいかに有効かを示しています。
 これまでの調査は、委員会の調査事項4項目中、1、2項の豊洲移転の経緯や土地売買に関する経緯にとどまっており、土壌汚染対策や建設工事における契約事務の調査はまったく手がついていません。なかでも、整備費が6千億円にも膨らんだ原因を解明するうえで、工事契約をした大手ゼネコンなどからの記録の提出と証人尋問は不可欠です。
 しかし百条委員会の各会派代表の協議では、いまだに、証人尋問を継続する合意がはかられていません。もしまったく調査しない調査項目を残し、これまでの尋問をもって調査を打ち切るなら、百条委員会にとどまらず、都議会全体が都民から厳しい批判を受けることは明らかです。
 尋問を打ち切る理由に第2回定例会に調査報告を行うために、時間的に厳しいとの意見があります。しかし、12年前の百条委員会では、5月12日に証人尋問を行い、委員会としての報告書の採決は閉会日前日でした。こうした先例に照らせば、時間的にも証人尋問を継続することは可能です。
 日本共産党都議団は、都民の期待にこたえ、百条委員会が都政の闇の象徴ともいえる築地市場の豊洲移転をめぐる真相を明らかにするために、証人尋問を打ち切るのではなく、継続するために最後まで努力することを申し入れるものです。

以上


インデックスへ戻る

都政に関するご意見・ご要望をお寄せください

▲ページTOPへ戻る▲