主な活動

9月26日 本会議 大山とも子都議の代表質問(全文)


十、オスプレイについて

 次に、オスプレイについてです。

Q1 普天間基地に所属するオスプレイが8月6日、オーストラリア東部海上で墜落し、3名が亡くなりました。昨年12月にも沖縄県名護市沿岸で墜落するなど、重大事故が相次いでいます。緊急着陸など、エンジントラブルも多発しています。

 名護市の事故もオーストラリアの事故も、米軍は事故原因も根拠も示さないまま安全宣言を行い、飛行が再開されました。しかし安全宣言後も、岩国基地でオスプレイから白煙を上げるトラブルが発生し、翌日には大分空港に緊急着陸するなど、事故が立て続けに起きています。

 知事は、事故を繰り返し起こしているオスプレイの安全性について、問題があると思いませんか。

Q2 不平等な日米地位協定により、名護市の墜落事故でも大分空港の緊急着陸でも、日本側に事故調査の権限がありません。一方、ドイツの地位協定では、地元自治体の立ち入り調査が認められています。

 知事、このような状況のもとでは、安全対策はもっぱら米軍まかせとなり、とうてい都民の生命、安全を保障できないのではありませんか。

Q3 欠陥機であるオスプレイ配備を撤回させて、横田基地の整理、縮小、返還を進めるために、国と米軍に対し知事として強力に働きかけるべきです。知事の答弁を求めます。


インデックスへ戻る

都政に関するご意見・ご要望をお寄せください

▲ページTOPへ戻る▲