主な活動

12月11日 本会議 尾崎あや子都議の代表質問


次に教員の働き方改革です。

11、教員の働き方改革について

Q1 東京都では、小学校で38%、中学校では68%の教員が、「過労死ライン」で働いている深刻な事態です。都は「学校現場における働き方改革推進プラン」を作りましたが、抜本的改善につながるものとなっていません。
 知事は所信表明で、教員の働き方改革を進めると述べましたが、問題はその中身です。教員の異常な長時間労働を是正するためには、教員一人あたりの授業の持ち時間数を減らすことを中心にすえて、仕事の量を減らし、定められた1日あたりの労働時間内におさまるようにすることが必要です。知事の認識を伺います。

Q2 同時に、最も効果的で即効性があるのは、教員を増やすことです。知事の認識を伺います。働き方改革と言うなら、教員の定数を増やす予算を編成すべきです。知事いかがですか。


インデックスへ戻る

都政に関するご意見・ご要望をお寄せください

▲ページTOPへ戻る▲